ピアスにもアレルギーがあり、何で出来ているか知ることが大切

置かれたピアス

体質次第

ピアスと金属アレルギー

ピアスはとてもかわいく、そしてかっこいいものです。今では自分で手軽に穴を開けることができるということもあり、つける人はとても増えています。そんなかわいくてかっこいいピアスですが、軸の部分は金属になっているものが多いのが現実です。金属アレルギーではないから大丈夫だと思っていたとしても、金属アレルギーというものはいつ発症するか分からないものなのです。ですがピアスはつけたいという方が多くいらっしゃると思います。今では軸の部分に樹脂カバーを装着してそのままピアスをつけることができるという画期的なものもあり、これにより金属アレルギーの心配をすることはありません。そして、ピアス全体がサージカルステンレスという金属アレルギーにならない素材でできたものもありますので、購入の際はこのようなピアスも候補に入れると良いかと思います。

かわいいをよりお得に購入

ピアスというものは穴を開けたら何個も買いたいと思ってしまうものではないでしょうか。しかし以外と高価であったり、安くても何個も買っていればお金は無くなってきます。それではどうしたらいいのか、となった時、通販サイトなどネットに目を向けてみてください。普通のアクセサリー店などでもセールをやっていたりしますが、ピアスの値段とその店に行くまでの交通費とどちらもかかってしまいます。通販などネットだと、タイムセールなどのセールをやっている期間ならば送料が無料になることがあります。これだと送料はかからないのでピアスの値段の分だけお金を用意しておけば大丈夫だということになります。 交通費のお金が浮いた分、もう一つ買うことも出来るのでお得にお買い物を楽しんでください。

  • 変わった場所

    ピアスを開けるのに耳たぶではなくトラガスに開けるのが注目を集めています。トラガスとは耳の穴の前の三角の小さなでっぱりです。通常のピアッサーでは開けられない場所ですのでニードルが必要になります。病院などであけてもらえます。

    詳しく読む

  • 口元にするピアス

    口元にするピアスのことをラブレットといいます。付ける部分は主に下唇から顎にかけてのくぼんだ部分や唇のすく下につけられます。口は乾燥しにくい場所なのでもし開けるのであれば手入れをしっかりしなければすぐに膿んでしまいます。

    詳しく読む