転勤の時に便利な又貸し

マンション

転勤の多いサラリーマンに便利なのがリロケーションです。不動産会社に管理を委託して、留守の間は第三者に貸し出す方法です。留守にしておくと家は劣化しやすいですし家賃でローンの支払いができるので、リロケーションはとても便利です。

More Detail

土地活用の一案

駐車場

駐車場として土地を生かす場合には、その停車スペースを工夫することで収益をさらにアップさせられます。施工の段階から利用者のことを考えていれば、契約者や利用者もより早く集まるので、告知や宣伝にも力を入れておくとよいでしょう。

More Detail

不動産投資の知識をつける

セミナーの風景

不動産投資の知識をつけるには、不動産投資セミナーに参加することが一番です。不動産投資のノウハウなどを身に着けることができます。また物件の紹介も同時に行っていますが、優良物件であるかは素人には判断がつかないことがあるため注意が必要です。

More Detail

海外にも目を向けよう

ビルの模型

国内だけが選択肢ではない

不動産投資を考えている方は結構いるかと思われます。テレビ番組や雑誌などで取り上げられているので、自分も稼ぎたいと考える方が増えています。株やFXなどの金融投資と比べて、リスクが少ないので日本人に合った投資方法だと言えます。不動産投資は価格上昇によるキャピタルゲインと家賃収入のインカムゲインがあるので、安定した収益を上げることは決して難しいことではありません。そこで、一つアドバイスがあります。それは国内不動産だけでなく、海外不動産も検討することになります。多くの方が国内不動産だけで行っているようですが、海外には魅力的な物件がたくさんあるので、海外不動産も選択肢に入れるべきです。ビジネスチャンスが増えるので、海外不動産で運用するのは間違った選択ではありません。

今後も稼ぐことが可能か

これから海外不動産投資は人気が高くなると予測されています。その要因は日本の不動産価格が高値圏にあることになります。これからキャピタルゲインで稼ぐことが難しくなっているので、海外不動産の人気は自然とアップしていくはずです。日本でも、2020年にオリンピックが開催されるので、まだ価格の上昇余地はあると言っている専門家がいます。しかし、オリンピックが近くなれば多少上昇するかもしれませんが、終わったときに下落する可能性も、少なからずあります。なので、海外不動産が狙い目です。特に、東南アジアは狙い目です。なぜなら、経済成長の勢いがある国が多いからです。それに伴い現在では、不動産価格が上昇してきています。まだ、東南アジアの不動産は手を出せる範囲の価格にあるので、今のうちに購入しておくことを推奨します。