転勤の時に便利な又貸し

マンション

空き家にすると住居は劣化

サラリーマンに転勤はつきものです。そのためにマイホームを持てない人もいます。しかしそのような場合にはリロケーションという方法を選ぶことによって、マイホームを持つことができます。マイホームを持っている人が転勤などで家を留守にする場合、不動産会社に委託して第三者に貸し出すことができます。この仕組みをリロケーションというのです。空き家のままにして転勤する人もいますが、人が住まないと住宅は劣化しやすいのです。また空き家にしたまま住宅ローンを支払うことになります。リロケーション契約をすれば第三者の家賃をローンの支払いに回すことができます。リロケーション契約の場合は更新がないので、借り主とのトラブルが起こる心配もないのです。

早めに入居者を募集する

リロケーション契約をする場合、遅くても転勤や海外赴任が発生する3ヶ月前までに決める必要があります。委託する不動産会社と入居条件などを相談して入居者を募集するからです。この時に注意したいのは、転勤することになっても入居者が決まらない場合です。それを防ぐためにも、なるべく早めに募集を始めることが大事です。また周辺の賃貸状況などをよく調べてから、リロケーションに出すかどうかを決めることが必要です。委託する不動産会社の管理がずさんな場合はトラブルが起こりやすいので、不動産会社の選び方にも注意するべきです。選ぶ時にはリロケーションの実績が豊富で、評判のよい不動産会社を選ぶようにします。契約内容もよく読んで検討します。